メンタル強化するには「今を生きる」

心と体を整える

変化の多い時代ですね。

加えてコロナ禍で自宅軟禁状態。
今後に不安をつのらせる方も多いと思います。

しなやかな心を持ち心豊かでありたいと思うものです。
そんな日常を生きるためのTIPSを書きました。

過去に捉われず、未来を心配しない

無用なストレスは、過去と未来にあるといいます。
過去の言葉や行動を悔やみ、未来に起こりそうなことを心配する。
ストレスの多くはこれです。
過去から学ぶことは必要です。また、未来に備えることも必要です。
しかし、「学び」や「計画」と「気に病む」は別のものと考えたほうがいいでしょう。

確かに「現在」にもストレスはあるかも知れません。
「大勢の人の前で話す」などというのは、嫌なものナンバーワンでしょうか。

しかしその現在のストレス」はどちらかというと、成長のための「いいストレス」であることが多いものです。

過去や未来にとらわれ過ぎず、「今」を生きましょう!

今を生きるには「五感」を使う

「今を生きる」ためには、「五感」を使うのが最も簡単な方法です。
「五感」とは、「見る」「聞く」「触る」「嗅ぐ」「味わう」といった感覚です。
見たり触ったりするには、「今この時、この場所」でしかできません。
なので、感覚に集中することをたびたび行うことで、今に生き、心も落ち着きます。

「五感」を使うには、自然に親しむ

「五感」を感じるにはいくつかの方法があります。
中でも「自然にふれる」のは簡単にできて、効果も高いものです。

何も深い森に行く必要はありません。
近所の公園でも、自宅の庭でも、街路樹を見ながらの散歩道でもいいのです。

自然を五感で感じる

玄関を一歩出るだけで、もうそこは自然を五感で感じられる世界です。

室内とは風の匂いが違うはず。
季節によっては花の香りや、緑の香しい風も漂ってくることでしょう。
近所を散歩すれば、隣家の庭木や花壇の美しさに目を奪われます。
鳥の声も聞こえるかも知れません。

効用

五感を使って自然を感じると、「後悔」や「心配」が和らぎます。
それ以外の効用も期待できるのです。

✅集中力が高まる
✅暗記力が増す
✅五感のセンサーが繊細できめ細かいほど幸せを感じられる
✅五感が引き金となって、自分の体に刻み込まれている体験がアウトプットされる
✅体験は頭で記憶されるのと同時に、五感を通して心に記憶される
✅危険やリスクの察知能力が増す

もう自然に親しまない手はないですね(^^;)

おすすめのアクティビティ3選

五感を使って自然を楽しむ方法を3つだけ厳選して紹介します。
知識や経験とは関係なく楽しめますので、ぜひやってみて下さい。

カメラゲーム

自分の瞳はレンズです。
美しい自然の一瞬を心のフィルムに焼き付けましょう!

1⃣あまりキョロキョロせずに、自然の中を歩き進みます。
2⃣あるところまで来たら立ち止まり、そっと目を閉じます。
3⃣目を閉じたまま、視線の向きを変えます。しゃがんでもいいですし、ナナメ前方を見てもいいです。くるりと振り返る手もあります。
4⃣一瞬だけ目を開けます。見えている自然のものにピントを合わせます。「い~ち、に~、さん」で目を閉じます。

しっかり心に焼き付けましょう。

心に焼き付いたものをスケッチしたくなったら、紙に書いてもいいです。
その実物は見ずに、心の中の映像を描き表すのが良い方法です。
もちろん、描くのは「気が向いたら」でOKです。

この一瞬にしか撮れない写真のできあがりです。

木のセリフ

おしゃべりしているような木があるはずです。
何か話したそうです。
その木が何と言っているか妄想しましょう。

もし一緒に歩く身近な人が一緒なら、その木が何と言っているのか、お互いにシェアすると楽しさ倍増です。

 

名づけ親の旅

目に留まった自然のものに名前をつけてみましょう!

「カエデ」「パンジー」「クスノキ」「カラス」など、今の名前に関係なく、自分なりの名前を付けるのです。

1⃣何かひとつ、名前を付けるものを決めます。
2⃣決めたら、その特徴をよく観察します。「色」「大きさ」「形」「におい」「触り心地」「音や声」・・・もし食べられるなら「味」(わからないものを食べるのはやめましょうね)
3⃣名前を付けます。誰かと一緒にいるなら話し合って決めてもいいですね。何かに似ているといいようなことでもいいです。

今日からそれは、その付けた名前です。
そう呼んであげましょう。
もともと植物や動物の名前は、そうやって誰かが付けたに過ぎない事に気がつきます。


「トケイソウ」👆

自然に親しもう

自然に親しんで今を生きましょう!
未来は「現在の連続」です。
現在の心が豊かであれば、未来もずっと幸せです。

五感を使って自然を楽しむ方法は、他にもたくさんのおすすめがあります。
他の記事に書いていることもぜひやってみて、感想のコメントをいただけたらと思います。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました