うわー!キャンプで雨。雨も自然の姿、雨を楽しむ自然遊び3選

アウトドア

前から楽しみにしていたキャンプ。
キャンプ場の予約もして、道具も準備して、いよいよというとき、天気予報は雨。
ちょっとブルーになりますね。

雨でも自然を楽しめる方法をお伝えしましょう!

うわー!キャンプで雨

雨だと気分が乗りませんね。
天気予報では「降らない」と言っていたはずなのに、突然の雨に見舞われることだってあります。
楽しみにしていたバーベキュー、釣り、自然の中での散歩・・・。
「どうしようかなぁ」と悩んでしまいますね。
道具も濡れて大変です。

雨も自然の姿。雨を楽しもう

本来天気に「良い」「悪い」はないはずなのですが、私たちは、晴れると「いい天気」、雨だと「あいにくの天気」などという言葉を使います。
そう、雨も「自然のひとつの姿」なのです。

せっかくの雨、楽しんじゃいましょう!

子どもの頃、水たまりの中にわざと入って遊んだことはありませんか?
水路を作って水を流したり、ダムでせき止めて遊んだことがある人もいるでしょう。

雨も楽しいものです。

よほどひどい暴風雨や大量の雨は危険ですので、そういったときには戸外で遊ぶべきではありません。
安全な程度や場所を選んで遊びましょう。

雨を楽しむコツ

心のスイッチを「楽しむ」ほうに切り替えましょう。
雨のいいところは何ですか?
一緒に行く家族や友人と話してみましょう!

✅空気が澄む
✅シトシト音が落ち着く
✅水玉がきれい
✅雨の匂いが好き
✅地球の水の循環を感じる

他にも出せばたくさん出るでしょう。
さあ、雨の森に出かけましょう!

雨の時にあると楽しさが倍増する道具

「雨を楽しみましょう!」と言っても、晴れと同じような格好で野外に出てもあまり楽しめません。
雨は雨なりの準備をして外に出ましょう。

しっかりした「カッパ」が世界を変える

雨を楽しむのだからと言って、雨に濡れるのはおすすめしません。
濡れると気分的に気持ちが悪いですね。
体温維持にも悪影響で、季節によっては低体温になってしまいます。
夏でも体を冷やす過ぎるのは良くないことです。

そこで活躍するのが、雨カッパ、レインウェアです。
カッパさえ着れば、雨でも思いっきり野外で遊ぶことができます。
濡れた場所に座るのも気になりません。

持つべきレインウェアは、上着とズボンが上下別々になったセパレートタイプのものです。
手首、足首が絞りになっていて、雨の侵入を防いでくれるものが必要です。

100円ショップやコンビニに売っているビニールのカッパや、ポンチョも急場しのぎには便利です。
しかし、野外で遊ぶには適していません
雨が染み込んできたり、下半身が濡れたりします。
下半身が濡れるだけでもダメージは大きいものです。

ちょっと値は張りますが、中の湿気を外に逃がすタイプのものもあります。
外からの雨は通しませんが、内側からの湿気は外に出してくれるという、優れた素材を使ってあります。
「ゴアテックス」などの名前で売られているものがそれです。

メーカーやブランドには好みがあるでしょう。
いい道具は、長く使えますので、お気に入りのデザインのものを見つけて、良いものを買いましょう。

僕が今欲しいのはミズノのこのレインウェア
ちょっと買えないでいるんですよね~💦

そうそう!長靴も持っていってね

雨の中は意外と体力を消耗する

雨の中で遊んでいると、いつもより体力を消耗します。
雨の中で遊ぶなんて、そんなにめったにやらないことですし、楽しさを覚えてしまうとつい夢中になります
部屋に戻ってきて、カッパを脱いだ途端にグッタリ。なんてこともあります。
雨の中で遊ぶのは、あまり長時間にならないようにしておきましょうね。

雨でも楽しみたい自然遊びの例

雨の日を存分に楽しめる自然遊びを紹介します。
ネイチャーゲームのアクティビティの中から、3つ厳選しました。

森の美術館

雨の日は美しいものがたくさん。
キラキラ光る水玉やツルツルの葉っぱ。
木の幹を伝って流れる雨の道。
ゆっくり見て回ると、素敵なものが次々に見つかります。

写真のような枠を、美しいもののところに置いてみましょう!
即席の絵画展です。
その絵画に、タイトルを付けてみましょう。
世界に2つとない作品のできあがりです。
しかも今だけの作品です。

自分の作品を1~2点作ったら、一緒にいる家族や友人の作品も見てみましょう
どんなものができているでしょうか?
作品の意図などを作者に聞いてみるといいですね。
自分とはまた違った感性に触れることができます。

木の葉のカルタとり

室内で自然遊びをすることもできます。
葉っぱでカルタ取りをしてみましょう!

同じ種類・同じ形の葉っぱを2枚ずつ拾ってきます。
そう、ひとつは読み札、もうひとつは取り札です。

向かい合わせに座って、真ん中に取り札の葉っぱを並べます。
50cm角ぐらいの無地のシートでもあると、その上に並べるとわかりやすいですね。

そして審判が、袋に入れた読み札の葉っぱを1枚出して見せます
「じゃじゃん」って感じで、対戦する2人に見せるといいでしょう。

読み札と同じ葉っぱをスバヤク取ったほうが勝ち!

葉っぱの形や大きさ、色、ギザギザのあるなし、厚さ・柔らかさなどを観察する機会になります。
カルタとして遊ぶ前に、どういった葉っぱがあるか、みんなで見ながら並べると楽しいです。

自然のかさね言葉

驚いたもの、きれいなもの、人に教えたくなるもの・・・。
雨粒は宝石のよう。
葉っぱの裏を見ると、隠れている虫を発見することもあります。
雨の自然の中では、新しいワクワクの発見がいくつもあります。

雨の中を散歩しましょう!
心動かされるものに触れたら、一緒に歩く家族や友人に伝えます。
「キラキラの水玉だねー」
「サラサラ流れているよ」
「キラキラの葉っぱ」
「ポコポコ聞こえるのなんだろ」

言葉を重ねて、その感情をシェアしましょう。
雨の中の素敵な散歩の時間になります。

まとめ

雨も自然のひとつ。
「悪い天気」なんて言わずに、楽しみましょう!
雨の好きなところを話し合ったらスタート!
雨を楽しめるネイチャーゲームを紹介しました。

〈森の美術館〉
〈木の葉のカルタ取り〉
〈自然のかさね言葉〉

やってみてね♪

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました