日本人の自然観とナヴァホインディアンからもらう言葉

シェアリングネイチャーライフ

日本人とネイティブアメリカンの共通点は多いものです。先祖の前では香草を焚いて煙を出し、甘いものを備えます。日本の仏壇の線香に似ています。いろいろな儀式は、日本で言う祭りでしょうか。子どもには蒙古斑があるそうですね。

自然感も日本に似ていると思うことがあります。自然を神と捉え、畏れ、またそれと同時に、寄り添って暮らしてきたのもそうです。違うと思うところは、インディアンはティピーという移動式の住居だったのに対し、日本人は家を建て土地に暮らして農耕を営むという「育てる」感覚があるあたりでしょうか。

今朝の散歩のとき、「ナヴァホの唄」が頭の中でリピートされました。

With Beauty before me
With beauty before me , may I walk
With beauty behind me , may I walk
With beauty all around me , may I walk
Wondering on a trail of beauty, lively I walk
Wondering on a trail of beauty, lively I walk

目の前の自然とともに
背後の自然とともに
すべての自然とともに歩こう
いのちにつつまれ元気よく
いのちにつつまれ元気よく

そしてその後に、何枚かの偉人の言葉が書かれたカードの中から、1枚だけ目をつぶって引いたのがこれ、ナヴァホの言葉です。

今日はナヴァホづいていますね。視野を大きく持って、広い地球の自然に思いをはせる日にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました