自宅で自然を感じたい休日の夕方

シェアリングネイチャーライフ

どこにも出かけず、のんびりと自宅で過ごした休日。涼しい夕方になって、ふと自然に触れたくなってくるのもです。コロナの問題で、自宅で過ごす習慣がついてしまい、気がつくと夕方ということもありますね。そんな時、秋の夕陽と虫の声に触れると、外に出かけたい気持ちになってしまいます。

そんな時、手軽に、そしてしっかりと自然を楽しむ方法のひとつを紹介します。今日紹介するのはサウンドマップ(音の地図)です。100円ショップに売っている無地のはがきとサインペンを1本準備します。はがきの中央には自分の位置を示す星印でも書いておきましょう。周りの音に耳を澄ませ、聞こえた方向に合わせて、その音の記号を描くのです。記号は自分なりに作ってOK!自由です。

昼間こそ強い日差しに夏の名残を感じますが、日が落ちる頃には肌寒さを感じるほど涼しくなりました。縁側に腰かけ、庭を見ながら音を聞きます。ベランダでもいいですね。
夜の虫の声が聞こます。18時を知らせる鐘の音でしょうか。遠くから聞こえます。左手奥からはイソヒヨドリがピよピヨピヨとずっと鳴いています。そういえば、今日は一日中鳴いていたようです。

このサウンドマップは、ひとりでできますが、家族ででもできます。それぞれに音の地図を描きます。書き終わったら見せ合いっこしましょう。自分とは違う感性に触れることができます。同じ場所で音を聞いたなら、聞こえた同じ音でも記号は違うはず。また、自分は気がついていなくても、家族の誰かが気づいた音というものも発見できるかも知れません。時間や場所を変えてやってみてね♪

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました