虫声帯開(むしせいたいひらく)

シェアリングネイチャーライフ

秋の虫が賑やかですね。夜、窓を開けて耳を澄ますと、オーケストラが立体的な音を出している感覚に包まれます。一匹の小さな虫でも、結構大きな声を出すのですね。

こんな身の回りの生きものが季節の移ろいを知らせてくれます。朝夕の涼しさと共に、セミの声が秋の虫に交代したことで、秋を実感します。

明日からの七十二候は、「蟄虫戸」(むしかくれてとをふさぐ)です。虫が土中に掘った穴をふさぐ頃だということとです。春の啓蟄の頃、表に出てきた虫が、秋から冬に向けて、巣ごもりに入る頃ですね。

しかし、まだまだ虫たちは元気です。日中はまだまだ暑く、とても冬籠を思わせません。もう少し秋の虫を楽しめる時間がありそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました