今日のエクササイズ〈美の小径〉

シェアリングネイチャーライフ

ネイチャーゲームアクティビティの1つ〈美の小径〉って1人でやる感じではありませんでしたが、「空と大地が私に触れた」(ジョセフ・コーネル著) には、エクササイズの例として載っていたのでやってみることにしました。
読むと、<美の小径>と<ネイチャーメディテーション>の中間のようなやり方です。
ということで、朝からネイチャーメディテーションカードを引っ張り出しました。
もう、十数年前に自作したものですが、未だ色褪せません。

さて暗がりの早朝、カードを持って出かけました。
狙いとしては、道の途中途中でカードを1枚ずつ取り出し、それをかみしめながら自然の中を歩くという目論見なのですが、そこでハッと気がつきました。
暗くてカードが見えません。笑
もう少し明るくなる季節がやりやすいようですね。
し、仕方がないので、途中の街灯の下で1枚だけ取り出して見てみました

カードには、
「気がついたんだ、俺たちに同じ時間が流れていることに」と書かれており、シロクマの写真。
そう! 写真家の星野道夫さんの詩ですね。
好きな写真家の一人です。 詩もいいですよね。

そこで思い出したのは、生まれ故郷の大村の郡川の風景です。
子どもの頃はよくそこで遊んでいました。
大人になってからたまたま訪れると、とうとうと流れる川の水を見て、「ああ、人は毎日毎日些細な問題に翻弄され、バタバタと暮らしているけど、川はこうやって20年前、30年前と同じように毎日毎日、昼も夜も変わらず流れてるんだなぁ」と思ったものでした。
もう、その川には10年以上足を運んでませんね。
たまには行かないと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました